en.pngEN
すべてのカテゴリ

業界ニュース

ホーム>ニュース>業界ニュース

どんな食べ物がワインを美味しくしますか?

時間:2020-03-25 ヒット数: 1

文学研究によると、古代の労働者に穀物を植える目的は、飢えを養うために食べ物を食べることではなく、ワインを作ることでした。そのため、古代には酒文化が大規模に発展しました。 その過程で、ますます多くの穀物がワイン造りに使用されます。 ソルガム、米、もち米、エンドウ豆、とうもろこし、小麦、大麦、そば、さらにはじゃがいもやじゃがいももワイン造りの材料として使われています。

一定期間のワイン造りの後、この「100粒を一緒に」という方法は適用できないことがわかりました。 勝つことができるワインの粒は「ワイン造りの皇帝」と呼ばれるソルガムです。 デンプン含有量が高いため、果実の構造は非常に適しています。 それは中国の酒の生産のための最もよい原料として選ばれます。 それ以来、ソルガムは偶然に白ワインを作るための主食として選ばれました。

現代の醸造技術の急速な発展は、穀物醸造のリーダーとしてのソルガムの状況を変えました。 現在、とうもろこしと米が醸造用の材料として選ばれています。 小麦茶色、もち米綿、ライスネット、コーンスイート、ソルガム香。
でんぷん質の食用作物が白ワインの製造に使用できることはわかっていますが、なぜワインの味に違いがあるのでしょうか。 理由は比較的単純です。異なる穀物の異なる成分の含有量が異なるため、醸造されたワインの風味が大きく異なります。 原料の含有量の違いも要因のひとつであり、ワインの味の違いを引き起こすもう一つの要因、つまり穀物の内部構造が異なることです。自動樽洗浄機工場

小麦、大麦、エンドウ豆の穀物:タンパク質含有量が高いため、これらの穀物はワイン製造プロセス中に雑菌の過剰な増殖を引き起こす可能性があり、雑多な物質の生成は不快な場合があります。

もち米とそば:もち米とそばのべたつきが比較的高いことは誰もが知っています。 この食品を使用してワインを作ると、硬化が容易になり、通気性が低下するため、液発酵の効率が大幅に低下します。
米:米も非常に一般的な醸造材料ですが、脂肪とセルロースの含有量が高いため、白ワインの味にある程度影響があります。

とうもろこし:とうもろこしを使ってワインを作るという特徴があります。 フィチン酸の含有量が多いため、甘さが高くなります。 とうもろこしの脂肪含有量も比較的高いため、白ワインの悪臭が重くなります。

サツマイモ、ジャガイモ、キャッサバ:山芋のタンパク質含有量と脂肪含有量は少ないですが、ペクチン含有量が高すぎるため、雑菌の増殖につながりやすく、味に影響を与える可能性があります。